あきる野市デジタルアーカイヴ 歴史・人・情報

疋田浩四郎(ひきたこうしろう)

ホーム > あきる野市を知るために > あきる野市ゆかりの人々 > 疋田浩四郎

疋田浩四郎(ヒキタ コウシロウ) 1849-1896

生い立ち

嘉永2年(1849)3月、摂津国有馬郡三田屋敷町(現:兵庫県三田市)に、父・隼之介(三田藩士)の四男として生まれる。8歳の時から藩校の造士館で漢籍を学び、さらに16歳の時に江戸に出て皇漢学を学んだ。

帰郷してからは造士館で助教を勤める傍ら、英語、数学についても学び、明治3年には尾州名古屋英学校に入学している。明治5年に、神奈川県令(県知事)大江家に書生として住み込み、明治6年、師範学校である横浜啓行堂に入学した。同7年6月には神奈川県4等訓導補の資格を得て、10月、神奈川県西多摩郡引田村の集開学舎(後に共和学校と改称、現:あきる野市立西秋留村小学校)に奉職する。妻の名はフク、明治8年には長男盛一が誕生している。 

疋田浩四郎

戸倉小学校

明治17年5月末、戸倉学校(現:あきる野市立戸倉小学校 当時の児童生徒数50有余名)に第4代校長兼訓導として赴任する。戸倉村は、もともと教育熱心な村であったが、疋田が着任した当時は財政が極めて厳しい状況で、給料の支払いにも困窮する状況が続いたという。戸倉学校の校舎も、明治14年に増築される予定であったものが中断されており、門も玄関もなく雨漏りもするほど荒れ果てている状況であった。疋田は、生活費のため早朝は木炭背負いの人夫として働き、夜は草鞋作りをしたという。妻のフクも、針仕事の内職や衣服を売るなどして疋田を支えた。

このような苦しい日々にもめげず、戸倉学校に留まった疋田は、戸倉村出身の清水良八と共に熱心に子どもたちの教育に取り組む。子どもたちの家を訪ねた際には、挨拶などは簡単にすませ、囲炉裏端に上がりこんであぐらをかき、子どもを膝にのせて世間話やしつけの話をしたという。気さくさと人情味を持ち合わせた性格で、村の人々からの人望も厚かった。

疋田は、小学校内に補習科を設置し小学校4年卒業者の補習教育を始めた。また、人の和を大切にし、村の再建に向けては、「自分の村は自分たちの力で」を信念として、青年層の教育にも取り組んでいる。そしてその中から、後の村長となった萩原角左衛門が育っている。角左衛門は、「植林による財政的基礎の形成」「教育による村人の精神的基盤の育成」の二つの方針を立て村の再建を図った。明治27年には村の人々の努力が実り、戸倉小学校の校舎が増築される。この当時の玄関は今も「戸倉荘」の玄関として残っている。

その後

疋田は、明治29年9月22日、在職中に心臓麻痺のため48歳で急逝。村では、村葬をもって功績に報いた。その亡骸は城山山麓の光厳寺に埋葬されたが、現在でも戸倉小学校では疋田の命日に児童の代表が墓参し、お墓の清掃を行って業績を偲んでいる。

疋田没後戸倉村は、明治30年代から優良自治体として「模範村戸倉」の名が全国に知られるようになり、明治43年には、内務大臣より表彰された。
また疋田は、『教への聖 われ等の先生』というタイトルで映画化されたこともあり、後年「日本のペスタロッチ」と呼ばれた。 

参考文献

書名著者名出版年出版者
戸倉小学校百年のあゆみ   昭和47年 戸倉小学校百年記念委員会  
戸倉小学校創立130周年記念誌   平成15年 戸倉小学校創立130周年記念事業実行委員会
村誌・戸倉   昭和43年 戸倉村誌編纂委員会
郷土に光をかかげたひとびと   昭和29年 東京都西多摩地区小学校校長会
教育人物史話-江戸・明治・大正・昭和の教育者たち- 山本龍生 平成9年 日本教育新聞社出版局
戸倉物語 秋川谷の夜明け 石井道郎 昭和60年 (株)けやき出版

もっと写真をご覧になる方は「ゆかりの人々写真館」へどうぞ

2007 AKIRUNOSHI DIGITAL ARCHIVES ALL RIGHT RESERVED

あきる野市中央図書館 〒197-0804 東京都あきる野市秋川一丁目16番地2 ℡.042-558-1108