あきる野市デジタルアーカイヴ 歴史・人・情報

千葉卓三郎の学習遍歴

ホーム > あきる野市を知るために > あきる野市と自由民権運動 > 千葉卓三郎の学習遍歴

千葉卓三郎の学習遍歴

千葉卓三郎の学習遍歴と深沢父子

五日市憲法草案を起草した千葉卓三郎は、嘉永5(1852)年6月17日に宮城県栗原郡白幡村(現:栗原市)に、仙台藩下級藩士の父千葉宅之丞のもとに生まれました。文久3(1863)年、11歳から仙台藩校養軒堂で学び、明治元(1868)年には藩校の仲間とともに戊辰戦争白河口の戦いに参戦しています。

この戦いで敗戦を味わった卓三郎は、様々な学問や宗教に真理探究の矛先を向け、皇学・浄土真宗・ギリシャ正教を学んでいます。特にギリシャ正教には傾倒し、上京して洗礼を受け、布教活動にも携わっていました。しかしその後も卓三郎の学習遍歴は治まらず、儒学・カソリック・洋算、さらにプロテスタントへと遷り変わっています。

その後、どのような経緯かはわかりませんが、明治12(1879)年頃から大久野、草花、川口など秋川谷の各地で教職に従事し、明治13(1880)年4月下旬には五日市に下宿して五日市勧能学校に勤めはじめています。おそらくは卓三郎と同郷の勧能学校初代校長永沼織之丞の導きがあったのでしょう。

五日市にたどり着いた卓三郎は、新しい知識を求めていた五日市の民衆に受入れられました。特に深沢名生・権八父子との信頼関係は厚かったようです。小田急電鉄創始者の利光鶴松が『利光鶴松翁手記』の中で、「当時の出版されていた翻訳書の7~8割の本があり、誰にでも自由に閲覧させていた」と語っていますが、これらの図書を使って学習に励み、学芸講談会の活動を通じて地域の自由民権運動の質を高めるとともに、漢詩のサークルなどを通じて地域の文化にも貢献しました。

五日市憲法草案起草後の明治15(1882)年には結核が進行し、五日市の仲間からの援助を受けて療養をしていましたが、明治16(1883)年11月12日、31歳の若さで死去しました。

保険要録カバー
保険要録カバー

千葉卓三郎年譜

嘉永5(1852)年6月17日
宮城県栗原郡白幡村(現:栗原市)にて出生 父、仙台藩下級藩士、千葉宅之丞
文久3(1863)年~明治元(1868)年
仙台藩校養軒堂にて学ぶ 大槻磐渓に師事(漢学)
明治元(1868)年
戊辰戦争白河口の戦いに参戦するも敗戦を経験
明治元(1868)年~明治2(1869)年
石川桜所に医学、鍋島一郎に皇学を学ぶ
明治2(1869)年~明治4(1871)年
桜井恭伯に浄土真宗を学ぶ
明治4(1871)年~明治8(1875)年
魯人ニコライにギリシャ正教を学ぶ
この間上京
明治8(1875)年~明治9(1876)年
安井息軒の門に入る(儒学)
明治9(1876)年~明治10(1877)年
仏人ウィグローにカソリックを学ぶ
明治10(1877)年 
福田理軒に洋算を学ぶ
明治10(1877)年~明治12(1879)年
米人マグレーにプロテスタントを学ぶ
この頃秋川谷各地(大久野、草花、川口)で教職に従事
明治12(1879)年~明治13(1880)年 
12月より4月まで東京麹町にて商業に従事
明治13(1880)年 
4月下旬五日市に下宿、五日市勧能学校に勤めはじめる
同じ頃五日市学芸講談会結成
11月第2回国会期成同盟大会(私擬憲法作成決議)
12月土屋勘兵衛、嚶鳴社憲法草案入手
明治14(1881)年
1~6月頃五日市憲法草案起草
6月五日市を去り、奈良橋村に住む
10月国会開設の詔勅 勧能学校へ戻る
明治15(1882)年
結核進行、療養はじめる
8月深沢権八ら自由党に入党
明治16(1883)年 
11月12日本郷竜岡病院にて死去、31歳

『「五日市憲法草案の碑」建碑誌』(1980 五日市町役場)の千葉卓三郎年譜をもとに作成。

写真館へ
2007 AKIRUNOSHI DIGITAL ARCHIVES ALL RIGHT RESERVED

あきる野市中央図書館 〒197-0804 東京都あきる野市秋川一丁目16番地2 ℡.042-558-1108